12連ミッション「沼津港 – Sea Creatures」を作成しました

沼津に行くたびに、「もっとメダルアートミッションがあったらいいなあ」と思っていたのですが…

このたび、職場の県東部在住エージェント協力のもと、12連ミッション「沼津港 – Sea Creatures」を作成しました(1~2個、「海の」「生き物」でないのも混じってますが…)!

メダルサンプル

先ほど申請したので、順調に認めてもらえれば、あと10日くらいで生えるのではないかと思います。(→3月15日:生え揃いました!)

できるだけ最小限の労力でできるように、というコンセプトで考えてみたのですが、実際にまだ行ったことがない場所なので、不具合があれば修正していきたいと考えています。よろしくご指南ください<(_ _)>

ただ、結果的に全長7kmになってしまったので(Explorerは60)、徒歩でやったら2時間は掛かってしまうかも。。

(実際に徒歩でチャレンジしたところ、1~5は各5分で終わるのですが、6がポータル間距離が長くて15分、8が10分、9~11もやや長めで各15分程度、12は一瞬…というわけで、計1時間40分ほど必要なミッションになりました。1と4冒頭のGPSがブレ気味なのと、2の公園の橋を思わず渡りそうになる点に注意。時限ポータルはなかったです。)

メダル画像

沼津には「ぬま輪」という無料のレンタサイクルもあるそうなので、ぜひ利用したいところです。

構成については、個人的に好みのSequentialタイプにして、各ミッション最後のポータルと次のミッションの最初のポータルが被る形にしてみました。

そのため、各ミッション最初のポータルで、パスフレーズ入力(沼津市に関連した2択クイズへの回答)を求められます∈(゚◎゚)∋

そんなの知らねーよ!的な問題が多いですが、とりあえず半角数字で1か2を入力しておけばcorrectになります。

なお、メダル素材は、以下からお借りしました。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=36469992

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=58529887

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=28328017

https://www.silhouette-ac.com/category.html?sw=%E9%AD%9A&nq=&srt=dlrank

「久我山ホタル」&「蛍が誘う七夕の道」&「阿佐ヶ谷Milky Way」プレイレポート

修善寺の蛍」の上に「久我山ホタル」「蛍が誘う七夕の道」「阿佐ヶ谷Milky Way」を重ねると綺麗らしい…という噂を聞き、実際にやってきました~~。

これは…噂に違わず美しい…。

ミッションメダル画像

※「修善寺の蛍」プレイレポートはこちらをご覧ください。

 

◆その1「久我山ホタル」@久我山駅(京王井の頭線)

→18連、徒歩で4時間弱、駅スタート・駅ゴール

◆その2「蛍が誘う七夕の道」@荻窪駅(JR中央線・メトロ丸ノ内線)

→6連、徒歩で1時間強、駅スタート・駅ゴール

◆その3「阿佐ヶ谷Milky Way」@阿佐ケ谷駅(JR中央線)

→24連、徒歩で3時間15分、駅スタート・駅ゴール

 

ミッションによって、結構ポータル間距離が違う印象でしたが(歩き疲れた後、久我山の寺院群に救われました)、時限ポータルもなく、非常にスムーズなルートです。

途中、ちょくちょく公園にトイレがあるのですが、どこも紙が補充されてないので注意。

ちょうどポケモンGOのバレンタインイベント期間で、同時平行でプレイしていたため、普通にプレイするより時間がかかったかも。

朝6時に久我山駅をスタートして、すべて終わったのが午後4時前。

27万AP、explorerが310、pioneerが75、trekkerが21km。

夕飯は、阿佐ヶ谷に来たからにはここしかない「イズミル」で(予約必須)!

トルコ料理のお店です。トルコの中でも西側っぽいテイストらしいです。

「シェフにおまかせプレート」2,484円を注文。

あとからホームページで確認したところによると、フムス(ひよこ豆のペースト)、アジュル・エズメ(ミックス野菜のピリカラペースト)、ウスパナック・タラマ(ホウレン草とヨーグルトの和え物)、タウック・カナトュ(手羽先)、ピラウの盛り合わせでした。

癖もなくておいしいのですが、1人で来ると割高感があるかも。

(追加して「エキメキ」(パン)と飲み物も頼んでいます(-_-;))

ランチタイムはないので、デートや女子会向きです。

イズミル

それにしても、阿佐ヶ谷の駅前って、何でもあって住みやすそう。

ネーミングやお店の感じに、昭和のノリが入っているのが何とも。

阿佐ヶ谷駅前スターロード

東海道新幹線で忘れ物をしました

去る11月、東海道新幹線の車内に長傘を忘れました。

その日のうちに、JR東海の「お忘れ物お問い合わせフォーム」に入力すると、早速翌日の午前中に「東京駅でそれらしいものが見つかった」とのメールが届いていました。

よかった!と思ったのも束の間、なんでも、忘れ物は1週間くらいは東京駅で保管してもらえるそうですが、それ以降は飯田橋の「警視庁遺失物センター」に移送され、3ヶ月を過ぎても受け取らない場合は廃棄されるのだそう。

うーん、そうそう平日に東京に行く機会なんてないし、一応宅配便で送ってもらうことも可能らしいけど、傘本体の値段より送料の方が高くなりそうだし…。

その後、東京駅からも電話をもらったのですが、出られませんでしたorz

そして、何回掛け直しても、ずっと電話中。全然繋がりません…。

仕方なく、最寄駅の忘れ物窓口に出向き、事情を話したところ、「忘れ物ナンバー」(これ重要!)を教えてもらうことができました。

 

時は過ぎ、3ヶ月の期限を間近に控えた本日、ついに東京に行く機会を得ました。

有楽町線で飯田橋駅まで行ったのですが、どうやら遺失物センター最寄の出口(C2)には、都営大江戸線からしか行けない模様。

C2出口は大江戸線からしか行けません!

他の路線で行った場合の最寄出口は、B1になるようです。

大江戸線以外の最寄出口はB1です。

だいぶ遠いのですが、仕方なく、B1出口から外に出ます(下の写真で、赤く囲ったところがB1出口)。

B1出口

辺りを見回すと…いったい何叉路なんだよ!というくらいに、道路が放射線状に広がっています。

これは噂どおり、かなり分かりにくい…。

ただ、基本的には、B1出口があった道路をまっすぐ進めば、遺失物センターに着くはずです(下の写真で赤く囲った通り)。

飯田橋交差点の様子

静岡とは違い、交通量が半端ないので、おとなしく歩道橋を上ります。

「B1出口があった道路をまっすぐ」ということを意識しながら、渡っていきましょう(下の写真でいうと、↑の方向)。

歩道橋

よく分からなくなったら、右手前方に見えるはずの某ガソリンスタンドを目指せばOKです。

某ガソリンスタンドを目指せばOK

歩道橋の端まで行くと、こんな表示もありました。

案内看板

あとは、ガソリンスタンドを目指すだけ。着きました!

警視庁遺失物センター

整理券を取って待つこと1分、すぐに呼ばれて、忘れ物ナンバーを伝えます。

忘れ物ナンバーのおかげで、かなりスムーズに見つけてもらえたようですが、傘は外に保管してあるため、持ってくるのに少し時間が掛かるとのこと。

その間に、いつどこでどういった特徴の物を失くしたか、という様式を埋めて提出します。

しばらく待っていると、係の方が傘を持って来てくれました。

身分証明書を見せて、受領証のようなものにサイン(印鑑は不要)。

晴れて傘を取り戻すことができました!よかった!!

センターを出ると、ちょうど雪も降ってきたので、傘を広げてみます。

全然壊れていない!本当によかった!!!

 

はあ…新幹線で忘れ物をすると、大変なことになるということがよく分かった出来事でした。

今後は気を付けます。

「東海道五拾三次 三島宿 朝霧」&「修善寺の蛍」プレイレポート

三島の「東海道五拾三次 三島宿 朝霧」と修善寺の「修善寺の蛍」ミッションに挑戦して参りました。

↓三島「鞍掛石」ポータルから、富士山を望む。絶景です。

三島から富士山をのぞむ

朝9時、「せせらぎレンタサイクル」の営業開始時刻に合わせて、三島駅南口にやって来ました。

こちらは、午後4時までなんと無料!で自転車を貸してもらえるのです。

全てリサイクル自転車ということで、若干古めのママチャリですが、徒歩で回るのに比べれば、有難い限り。

浜松と違って、真冬の昼間でもほとんど風がないので、スイスイ漕げます。

 

東海道五拾三次 三島宿 朝霧」ミッションは、ほぼスムーズで、1~15は2時間ほどで終わりました。

ただ、ミッションとミッションの間が離れているものがあるので、やり逃しがないか、逐一チェックした方が良いです(うっかり10をやり忘れて先に進んでしまいました…)。

三島大社にもお参り♪(自転車置き場は、駐車場の奥の方にあります。ITOENの自販機ポータルの横あたりです。)

三島大社鳥居

15が終了したところで、ブレイクタイム。今一部で話題の「佐野美術館」に立ち寄ります。

平日ということもあって、ゆったり鑑賞することができました↓

佐野美術館

16~24は、1時間15分ほどでクリア。計3時間強でした。

ミッションメダル画像

三島は、町の中に、どぶ川じゃなくて、清流が流れているのが素敵ですね~↓

源兵衛側

ちなみに、お昼ご飯は、清水町在住者が大絶賛する「THEすすきの」さんのワンコインランチをいただきました。

店構えはちょっぴり怪しいですが、この内容でこの値段、お得です…↓

THEすすきの

ここで、伊豆箱根鉄道に乗り、修善寺に移動します。

片道510円で35分、本数もあって便利です。

修善寺駅も、かなりきれいに改装されていて、良い感じでした。

さて、修善寺駅から修善寺温泉までは、バスで移動しなければなりません。

修善寺駅バス停時刻表

バスは1時間に4本ほど、片道220円、10分弱の道のりです。

修善寺の蛍」ミッションの始点である「修善寺総合会館」で下車します。

それにしてもこのミッション、かなりアップダウンが激しい…。

特に3あたりは完全に山登りです。夜だと厳しいかも。

そして!!!このミッションの難点はもう一つあります。

実は、後半に行くに従い、「Capture or Upgrade Portal」や「Install a Mod on this Portal」が出現するのです(しかも、前半で一度Hackしたことのあるポータルで…)。

自陣営のレベル8ポータルで、Mods枠が全部埋まっていたりすると、どうにもなりません(反転以外でどうにかできるものなのでしょうか?なお、反転する際は、COMMでオーナーさんに一言断りましょう!)。

とりあえず、JARVIS Virus 又は ADA Refactorは、持って行った方が安心だと思います。それから、前半では極力何もしないこと。

6ミッション達成にかかった時間は、1時間40分。

四苦八苦の甲斐あって、何とか揃えることのできたミッションメダルは、幻想的ですごく素敵です* ☆.。.:*

この上に、早く「久我山ホタル」を並べたい!!

ミッションメダル画像

ミッション後、「筥湯」で温泉を満喫してからバスに乗車。

ヤマザキショップ(コンビニ)の横にバスターミナルがあります。

修善寺温泉バス停時刻表

グリーンエイトさんの和紅茶「琥珀ビター」

職場の出張販売で購入した、地元グリーンエイトさんの和紅茶「琥珀ビター」。

ほのかに渋みのある大人の和紅茶。ミルクやお砂糖を入れても紅茶の存在感がしっかり残ります」とのこと。

ティーバッグ12個入りで540円。

蒸らし時間は、ストレート3分、ミルクを入れるなら6分。

茶葉の品種は「やぶきた」。

琥珀ビター

試飲したとき、「スイート」はあまりに緑茶っぽかったので、紅茶らしさの強い「ビター」を購入したのですが、それでもかなり緑茶感が強いお味なので、知らずに飲むとびっくりするかも。

(「知覧にっぽん紅茶」のようなイメージです。関係ないですが、「京桜の香り」はかなり微妙…)

知覧にっぽん紅茶京桜の香り