18連ミッション「planetarian ~封印都市・浜松~」を作成しました

keyのゲーム・アニメ「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」に登場する静岡県浜松市の舞台探訪ミッション「planetarian ~封印都市・浜松~」を作成しました。

昨年投稿し始めてから、何度となくrejectされていましたが、こちらのとおり無事原因が判明したこともあり、本日ようやく全て生え揃いました!!

リジェクト原因究明のため、色々ルートをいじったり消したりしてしまったせいで、各種ミッションマップに情報が混在してしまっていることをお詫びします。

メダル画像

1~18まで順番にクリアすると、上のようなメダルアートが完成します(徒歩推奨、所要時間2時間45分程度)。

ただし、アニメ版で描かれた、助信駅以外の主なスポット(アクトシティ浜松~浜松駅バスターミナル~松菱跡~有楽街~ゆりの木通り~遠州鉄道・遠州病院駅)は、7~12だけでも回ることができます(「PLANETARIAN」の行を完成させることができます)。

ゲームとアニメで、モデルにした場所や歩いたルートが違っている気がして、ルート設定にだいぶ悩みましたが、最終的に、小説版のゆめみちゃんが徘徊していそうなルートも取り入れた構成に落ち着きました。

※助信駅の改札を出たら左手に向かって進んでください。

※バスターミナルの地下に降りたら、いったん真ん中に行ってから、「D」というオレンジ色の出口を目指してください。

ただし、助信駅周辺やバスターミナル内、松菱前など、GPSが怪しいポイントがちらほら…。

お気づきの点等ありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

梟ポータルにて

なお、赤電こと遠州鉄道の助信駅発着のため、おそらく大半の方に半強制的に電車賃課金(新浜松~助信:片道120円)が発生する仕組みとなっております(笑)

あ、助信駅に来たら、ぜひ寄っていただきたいのが浜松餃子の名店「むつ菊」さんです。メニューは餃子のみ…。

いつもお忙しいと思われるので、なかなか電話がつながりませんが、予約必須です。

むつ菊

 

さて、この「planetarian」、ぱっと見で敬遠される方もいるかもしれませんが、全年齢対象の素敵な作品だと思います。

お話の本筋自体も完全に泣かせに来ているのですが、地元民的には、何だか別の意味でも切なくなってしまいました。

今の浜松の風景も、毎日見ていると気にも留めませんが、10年先、いや2年先にすら、「今のまま」が残っている保証はどこにもないんだよなあということを、しみじみ思い出させられた作品です。

再開発された地区はもちろん、松菱とかフォルテとか昔の遠州病院とか、本当にいつの間にかなくなっている建物が結構あるんですよね…。

浜松の風景

アニメ版だと、街の風景が非常に詳細に描写されていて、見慣れたポータルが所々で出てくるので、エージェント的にも楽しめます。

☆ゲーム:https://www.amazon.co.jp/dp/B01E9TLR5Y

☆アニメ:https://www.amazon.co.jp/dp/B01HPKMOE2

☆映画:https://www.amazon.co.jp/dp/B01M3XIP17

☆小説:https://www.amazon.co.jp/dp/4894906228

そして、静岡出身の作者が書いた、浜松が滅亡する話として読むと、2政令都市間の争いを加熱させるような気がしなくもない(たぶんしない)。

それにしても、「星の人」はTOHOシネマズ浜松で見るべき映画だったと…できれば、聖地のひとつでもあるCINEMAe~ra.で再上映してもらいたいところです。

もちろん、浜松科学館でプラネタリウム番組として上映してもらってもOKです。と思ったら!→http://s.animeanime.jp/article/2017/03/03/32796.html

浜松科学館旧型プラネタリウム

浜松科学館のプラネタリウム自体は最新鋭のものですが、昔の二球式プラネタリウム投影機も常設展示されています。

もし来館される場合は、大人向け上映回が少ないので要事前チェックです。

まだSolar Systemミッション未挑戦の場合は、メダルが超かっこいいので、そちらと組み合わせても。

浜松駅から歩いて行く途中にあるレンタサイクル「浜松ペダル」も、エージェント的にはありがたいサービスです(冬の間は、電動サイクルが良いと思いますが)。

浜松科学館の案内役ロボットは、グリ夢ちゃん→ブルー夢くんと代替わりしているので、名前の系統的には将来「ほしのゆめみ」さんが登場してもおかしくないです、たぶん。

グリ夢ちゃんとブルー夢くん

 

メダル素材は、以下からお借りしました。

☆背景:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=20132776

☆フォント:http://typingart.net/

「Hamamatsu – Express Tour」&「Discordia in Hamamatsu」プレイレポート

メダル画像

Hamamatsu – Express Tour

とてもお手軽な6連ミッション。

ハックと繋ぎのパスフレーズのみで30分。

ただ、浜松駅バスターミナル周辺とアクトシティ浜松内は、GPSがブレる可能性が高いので要注意。

 

Discordia in Hamamatsu

同作者様による6連ミッション。1時間強。

ハックと繋ぎのパスフレーズのみですが、ミッションによって、所要時間やハック数が異なるので注意。

1・・・5分

2・・・5分

3・・・15分

4・・・10分

5・・・10分

6・・・25分(ハック数かなり多い!&高架付近とアクトシティ内はGPS不安定&これだけSequential)

 

ミッションリジェクトの原因を探る

レベル7以上のエージェントなら誰でも簡単に作ることのできる、Ingressのミッション。

ミッション作成ツールにアクセスして、ヘルプを参考にしながら項目を埋めていくだけです。

すべて入力して、Mission Submitをクリックすれば、1~2週間ほどで「Ingress Mission Approved」という件名のメールが届き、そのミッションを誰もがプレイできるようになります。

メールの本文は、以下のとおりです。

 Congratulations!

 We’ve approved your submission or revision of the Mission: ×××へ行こう!.

 As other agents attempt your Mission, we recommend that you monitor its ratings and other statistics, and consider any feedback you may receive from agents on COMM.

 Please feel free to further improve your Mission by submitting additional revisions.

…のはずですが、稀に「Ingress Mission Rejected」という件名のメールが返ってくることがあります。

これはつまり、「投稿したミッションが承認されなかった」ということ。

ミッションに何かしらの欠陥があったと判断されたわけで、当然そのミッションは生えていません。

メールの中身を読んでみると…

 Thanks for submitting ×××へ行こう!.

 Unfortunately, we were not able to accept your mission.

 Specifically, we noticed it contains quality issues. Some examples of this type of issues include:

 ・A lack of a clear and informative description and/or title
 ・Text that implies the Mission is incomplete, involved little effort, or not ready for publish (e.g., “test Mission”)
 ・Mission has fewer than six unique Waypoints
 ・Mission requires review because it contains a Waypoint that has been retired
 ・Text contains URLs, email addresses or HTML

 Please note that these may not be the only issues with your mission.

 Please be sure to thoroughly review our Mission Acceptance Criteria in the help center.

 Thank you.

なるほど~~~

明快かつ有益な説明及びタイトルがなかったり、そのミッションが不完全であることをほのめかすような説明があったり、「テストミッション」のような公開される準備のできていないミッションだったり、6ポータルより少ないポータルで構成されていたり、抹消されたポータルが含まれていたり、説明文にURLやらメアドやらHTMLタグやらが含まれていたり…といった理由で拒否られた訳ですね!

と一瞬思いますが、次の一文が重要です。

Please note that these may not be the only issues with your mission.

ここに書いてあるのは、あくまで「よくあるリジェクト理由」の一例に過ぎない、ということか…。

 

私が遭遇した事例では、以下のミッションメダル画像がreject原因でした。

リジェクト原因の画像

最初は、まさか画像が原因とは思わず(フリー素材とフリーフォントを組み合わせて、自分で作ったものだったので)、ヘルプ内の「ミッションの基準」を読みながら、説明文がおかしいのかなと思ったり、ルートが安全じゃないと判断されたのかなと思ったり、一つ一つ修正してみては、再投稿を繰り返していました。

ちなみに、このrejectされ続けたミッションは、18連メダルアートミッションの一部で、他の17ミッションは一発承認されていたため、ますます理由が分からず…。

文章関係をどう変えても効果なしだったので、ダメ元で、メダル画像を以下のものに差し替えたところ、見事に承認されたというオチです。

承認されたときのメダル画像

なんで最初のメダル画像じゃダメだったんだろう…。

推測ですが、Niantic社をイメージさせるからダメだと判断されてしまったのかなあと。

「N」が入る地名などで、アートメダルを作るのは危険かも!?(”NUMAZU”とか…)

ミッションが承認されたり拒否されたりするのは、だいたい月~土の正午~午後8時くらいなので、判断しているのは人間だと思います。

日本人ではないのかもしれませんが、アートミッションの一部だとしても、個別の事情を理解してもらうことは難しいようです…。

それにしても、通知メールの本文に、具体的なreject理由を明示してもらえると、お互いにとって望ましい状況になるのではと思うのですが(処理量が膨大過ぎて無理という判断なのでしょうか)。