東海道新幹線で忘れ物をしました

去る11月、東海道新幹線の車内に長傘を忘れました。

その日のうちに、JR東海の「お忘れ物お問い合わせフォーム」に入力すると、早速翌日の午前中に「東京駅でそれらしいものが見つかった」とのメールが届いていました。

よかった!と思ったのも束の間、なんでも、忘れ物は1週間くらいは東京駅で保管してもらえるそうですが、それ以降は飯田橋の「警視庁遺失物センター」に移送され、3ヶ月を過ぎても受け取らない場合は廃棄されるのだそう。

うーん、そうそう平日に東京に行く機会なんてないし、一応宅配便で送ってもらうことも可能らしいけど、傘本体の値段より送料の方が高くなりそうだし…。

その後、東京駅からも電話をもらったのですが、出られませんでしたorz

そして、何回掛け直しても、ずっと電話中。全然繋がりません…。

仕方なく、最寄駅の忘れ物窓口に出向き、事情を話したところ、「忘れ物ナンバー」(これ重要!)を教えてもらうことができました。

 

時は過ぎ、3ヶ月の期限を間近に控えた本日、ついに東京に行く機会を得ました。

有楽町線で飯田橋駅まで行ったのですが、どうやら遺失物センター最寄の出口(C2)には、都営大江戸線からしか行けない模様。

C2出口は大江戸線からしか行けません!

他の路線で行った場合の最寄出口は、B1になるようです。

大江戸線以外の最寄出口はB1です。

だいぶ遠いのですが、仕方なく、B1出口から外に出ます(下の写真で、赤く囲ったところがB1出口)。

B1出口

辺りを見回すと…いったい何叉路なんだよ!というくらいに、道路が放射線状に広がっています。

これは噂どおり、かなり分かりにくい…。

ただ、基本的には、B1出口があった道路をまっすぐ進めば、遺失物センターに着くはずです(下の写真で赤く囲った通り)。

飯田橋交差点の様子

静岡とは違い、交通量が半端ないので、おとなしく歩道橋を上ります。

「B1出口があった道路をまっすぐ」ということを意識しながら、渡っていきましょう(下の写真でいうと、↑の方向)。

歩道橋

よく分からなくなったら、右手前方に見えるはずの某ガソリンスタンドを目指せばOKです。

某ガソリンスタンドを目指せばOK

歩道橋の端まで行くと、こんな表示もありました。

案内看板

あとは、ガソリンスタンドを目指すだけ。着きました!

警視庁遺失物センター

整理券を取って待つこと1分、すぐに呼ばれて、忘れ物ナンバーを伝えます。

忘れ物ナンバーのおかげで、かなりスムーズに見つけてもらえたようですが、傘は外に保管してあるため、持ってくるのに少し時間が掛かるとのこと。

その間に、いつどこでどういった特徴の物を失くしたか、という様式を埋めて提出します。

しばらく待っていると、係の方が傘を持って来てくれました。

身分証明書を見せて、受領証のようなものにサイン(印鑑は不要)。

晴れて傘を取り戻すことができました!よかった!!

センターを出ると、ちょうど雪も降ってきたので、傘を広げてみます。

全然壊れていない!本当によかった!!!

 

はあ…新幹線で忘れ物をすると、大変なことになるということがよく分かった出来事でした。

今後は気を付けます。