東海道新幹線で忘れ物をしました

去る11月、東海道新幹線の車内に長傘を忘れました。

その日のうちに、JR東海の「お忘れ物お問い合わせフォーム」に入力すると、早速翌日の午前中に「東京駅でそれらしいものが見つかった」とのメールが届いていました。

よかった!と思ったのも束の間、なんでも、忘れ物は1週間くらいは東京駅で保管してもらえるそうですが、それ以降は飯田橋の「警視庁遺失物センター」に移送され、3ヶ月を過ぎても受け取らない場合は廃棄されるのだそう。

うーん、そうそう平日に東京に行く機会なんてないし、一応宅配便で送ってもらうことも可能らしいけど、傘本体の値段より送料の方が高くなりそうだし…。

その後、東京駅からも電話をもらったのですが、出られませんでしたorz

そして、何回掛け直しても、ずっと電話中。全然繋がりません…。

仕方なく、最寄駅の忘れ物窓口に出向き、事情を話したところ、「忘れ物ナンバー」(これ重要!)を教えてもらうことができました。

 

時は過ぎ、3ヶ月の期限を間近に控えた本日、ついに東京に行く機会を得ました。

有楽町線で飯田橋駅まで行ったのですが、どうやら遺失物センター最寄の出口(C2)には、都営大江戸線からしか行けない模様。

C2出口は大江戸線からしか行けません!

他の路線で行った場合の最寄出口は、B1になるようです。

大江戸線以外の最寄出口はB1です。

だいぶ遠いのですが、仕方なく、B1出口から外に出ます(下の写真で、赤く囲ったところがB1出口)。

B1出口

辺りを見回すと…いったい何叉路なんだよ!というくらいに、道路が放射線状に広がっています。

これは噂どおり、かなり分かりにくい…。

ただ、基本的には、B1出口があった道路をまっすぐ進めば、遺失物センターに着くはずです(下の写真で赤く囲った通り)。

飯田橋交差点の様子

静岡とは違い、交通量が半端ないので、おとなしく歩道橋を上ります。

「B1出口があった道路をまっすぐ」ということを意識しながら、渡っていきましょう(下の写真でいうと、↑の方向)。

歩道橋

よく分からなくなったら、右手前方に見えるはずの某ガソリンスタンドを目指せばOKです。

某ガソリンスタンドを目指せばOK

歩道橋の端まで行くと、こんな表示もありました。

案内看板

あとは、ガソリンスタンドを目指すだけ。着きました!

警視庁遺失物センター

整理券を取って待つこと1分、すぐに呼ばれて、忘れ物ナンバーを伝えます。

忘れ物ナンバーのおかげで、かなりスムーズに見つけてもらえたようですが、傘は外に保管してあるため、持ってくるのに少し時間が掛かるとのこと。

その間に、いつどこでどういった特徴の物を失くしたか、という様式を埋めて提出します。

しばらく待っていると、係の方が傘を持って来てくれました。

身分証明書を見せて、受領証のようなものにサイン(印鑑は不要)。

晴れて傘を取り戻すことができました!よかった!!

センターを出ると、ちょうど雪も降ってきたので、傘を広げてみます。

全然壊れていない!本当によかった!!!

 

はあ…新幹線で忘れ物をすると、大変なことになるということがよく分かった出来事でした。

今後は気を付けます。

「東海道五拾三次 三島宿 朝霧」&「修善寺の蛍」プレイレポート

三島の「東海道五拾三次 三島宿 朝霧」と修善寺の「修善寺の蛍」ミッションに挑戦して参りました。

↓三島「鞍掛石」ポータルから、富士山を望む。絶景です。

三島から富士山をのぞむ

朝9時、「せせらぎレンタサイクル」の営業開始時刻に合わせて、三島駅南口にやって来ました。

こちらは、午後4時までなんと無料!で自転車を貸してもらえるのです。

全てリサイクル自転車ということで、若干古めのママチャリですが、徒歩で回るのに比べれば、有難い限り。

浜松と違って、真冬の昼間でもほとんど風がないので、スイスイ漕げます。

 

東海道五拾三次 三島宿 朝霧」ミッションは、ほぼスムーズで、1~15は2時間ほどで終わりました。

ただ、ミッションとミッションの間が離れているものがあるので、やり逃しがないか、逐一チェックした方が良いです(うっかり10をやり忘れて先に進んでしまいました…)。

三島大社にもお参り♪(自転車置き場は、駐車場の奥の方にあります。ITOENの自販機ポータルの横あたりです。)

三島大社鳥居

15が終了したところで、ブレイクタイム。今一部で話題の「佐野美術館」に立ち寄ります。

平日ということもあって、ゆったり鑑賞することができました↓

佐野美術館

16~24は、1時間15分ほどでクリア。計3時間強でした。

ミッションメダル画像

三島は、町の中に、どぶ川じゃなくて、清流が流れているのが素敵ですね~↓

源兵衛側

ちなみに、お昼ご飯は、清水町在住者が大絶賛する「THEすすきの」さんのワンコインランチをいただきました。

店構えはちょっぴり怪しいですが、この内容でこの値段、お得です…↓

THEすすきの

ここで、伊豆箱根鉄道に乗り、修善寺に移動します。

片道510円で35分、本数もあって便利です。

修善寺駅も、かなりきれいに改装されていて、良い感じでした。

さて、修善寺駅から修善寺温泉までは、バスで移動しなければなりません。

修善寺駅バス停時刻表

バスは1時間に4本ほど、片道220円、10分弱の道のりです。

修善寺の蛍」ミッションの始点である「修善寺総合会館」で下車します。

それにしてもこのミッション、かなりアップダウンが激しい…。

特に3あたりは完全に山登りです。夜だと厳しいかも。

そして!!!このミッションの難点はもう一つあります。

実は、後半に行くに従い、「Capture or Upgrade Portal」や「Install a Mod on this Portal」が出現するのです(しかも、前半で一度Hackしたことのあるポータルで…)。

自陣営のレベル8ポータルで、Mods枠が全部埋まっていたりすると、どうにもなりません(反転以外でどうにかできるものなのでしょうか?なお、反転する際は、COMMでオーナーさんに一言断りましょう!)。

とりあえず、JARVIS Virus 又は ADA Refactorは、持って行った方が安心だと思います。それから、前半では極力何もしないこと。

6ミッション達成にかかった時間は、1時間40分。

四苦八苦の甲斐あって、何とか揃えることのできたミッションメダルは、幻想的ですごく素敵です* ☆.。.:*

この上に、早く「久我山ホタル」を並べたい!!

ミッションメダル画像

ミッション後、「筥湯」で温泉を満喫してからバスに乗車。

ヤマザキショップ(コンビニ)の横にバスターミナルがあります。

修善寺温泉バス停時刻表

グリーンエイトさんの和紅茶「琥珀ビター」

職場の出張販売で購入した、地元グリーンエイトさんの和紅茶「琥珀ビター」。

ほのかに渋みのある大人の和紅茶。ミルクやお砂糖を入れても紅茶の存在感がしっかり残ります」とのこと。

ティーバッグ12個入りで540円。

蒸らし時間は、ストレート3分、ミルクを入れるなら6分。

茶葉の品種は「やぶきた」。

琥珀ビター

試飲したとき、「スイート」はあまりに緑茶っぽかったので、紅茶らしさの強い「ビター」を購入したのですが、それでもかなり緑茶感が強いお味なので、知らずに飲むとびっくりするかも。

(「知覧にっぽん紅茶」のようなイメージです。関係ないですが、「京桜の香り」はかなり微妙…)

知覧にっぽん紅茶京桜の香り

「樹花鳥獣図屏風」&「旧東海道古道巡り」プレイレポート

樹花鳥獣図屏風

静鉄「県立美術館前」駅~静岡県立美術館(&県立図書館)を往復するコースです。

と~ってもお手軽で、6連なのに、30分で終わりました。

復路3連が「Capture or Upgrade Portal」なので、往路ではHack以外は何もやらないのが無難。

 

「旧東海道古道巡り」

県立美術館駅から15分ほど歩いたところにある「県総合運動場駅」前からスタート。

6連ですが、歩行距離が結構ありますので、たぶん1時間半はかかると思われ……。

時限ポータルはなく、非常にスムーズなルートでした!

ミッションメダル画像

「藤枝駅~蓮華寺池公園」&「FUJIEDA HEROES」プレイレポート

藤枝駅~蓮華寺池公園

藤枝駅北口に降り立つと、噂通りのHide waypoint方式。

Hide waypoint方式

全く土地勘がなかったので、どうなることやらと思いましたが、たいていのポータルは、マップをくるくる動かせば見つかる範囲にあります。

歩き始めて1時間ほどで、目的地の蓮華寺池公園に到着。

ここまでで1~4が終了。

残りの5と6は、Hide waypoint方式ではありません。

池の周りをぐるっと一周するコースで、約30分。

子どもやお年寄りが多いので、歩きスマホには充分気を付ける必要があります。

とりあえず、古墳群の方の山登りがなくてよかったです……。

帰りは、「蓮華寺池公園入口」からバスに乗って駅まで戻りました。

(公園から大通りのバス停まで、少々距離があるので余裕をもって移動しましょう。)

 

FUJIEDA HEROES

同作者様の6連。

結構ジグザグ歩いたような気がしたのですが、1時間ほどで終わりました。

辺りはすっかり暗くなってしまい、若干さみしい道が多かったですが、時限ポータルなどはなかったです^^

ミッションメダル画像

「東海道五十三次之内 濱松」プレイレポート

24連のアートミッション、東海道五十三次之内 濱松をプレイしてきました。

Sequentialなので、迷わずハックすることができて、とてもやりやすかったです。

分割してチャレンジしましたが、3時間45分程度で完了。

今回は徒歩でしたが、1月21日以降は「はままつペダル」で自転車をレンタルしても良いかもです。

ただし、冬の間は「遠州の空っ風」を嘗めてかかってはいけません!

電動アシストかクロスバイク以上を借りることを強めにおすすめします。

ちなみに、2016年のアノマリー(Obsidian)当日は、かなり風の少ない日でした。

ミッションメダル画像

 

1~11・・・・・・・・・・・・1時間30分

浜松駅を出発し、赤電の西側をぐるっと回って、第一通り駅に戻ってきました。

やや起伏があるので、徒歩の方が良いかもしれないです。

GPSのブレ具合に定評のあるZenFone 2 Laserでプレイしたせいかもしれませんが、3の福祉交流センター近辺や、5の鴨江周辺、9の姫街道周辺は、かなりブレました……。

 

12~15・・・・・・・・・・・・45分

第一通り駅を出発し、ふたたび西側を大回りして、遠州病院駅へ。

特にGPSが暴れることもなく、大変スムーズなルートでした。

 

16・・・・・・・・・・・・?

赤電乗車中にラストポータル以外はハック完了。

 

17~24・・・・・・・・・・・・1時間30分

赤電の東側、再開発された地区を中心に回ります。

起伏はほぼなし、一度安間川を渡りますが、すぐに戻ってこられます。

なお、途中の公園のトイレには、このところ紙が補充されていないので注意。

TEAPOND福袋2017ネタバレ

TEAPONDさんの福袋が届きました!
購入したのは、2017年 福袋 バラエティー5,000円です。
(5,184円+送料540円=5,724円)

中身は…10点入って、10,216円分でした。お得!!

<ノンフレーバーティー>
2015年 アッサム ベルセリ農園 EX-138 CTC 缶入り 茶葉 60g 1,166円
2016年 ニルギリ チャムラジ農園 L528 袋入り 茶葉 60g 972円
2016年 シッキム テミ茶園 SK-37 袋入り 茶葉 50g 1,350円
2016年 ネパール イラム ミストバレー茶園 EX-1 ティッピー 袋入り 茶葉 50g 1,242円
2016年 キャンディ アンクーンブラ茶園 OP1 袋入り 茶葉 60g 1,166円

<フレーバーティー>
アールグレイ オーセンティック 袋入り 茶葉 50g 864円
チェリーパフェ 袋入り 茶葉 50g 864円
ハニーハーベスト 袋入り 茶葉 50g 864円

<フルーツティー>
ハイダウェイマンゴー 袋入り 茶葉 50g 864円
サンシャインデイズ 袋入り 茶葉 50g 864円

福袋写真

2016年に飲んだ紅茶の中で、一番好みの味だったのが、
TEAPONDさんの「2015年 ルフナ シタカ農園」だったので、
どの紅茶も飲むのが楽しみです。

本当にお得な福袋、ぜひまた購入したいのですが、
あっという間に売り切れてしまっていたので、今度の年末も無事注文できるかは……??

「Welcome to kyotoⅠ・Ⅱ」&「北野天満宮」プレイレポート

青春18きっぷを使い、鈍行で京都へ……。

朝9時45分頃、京都駅に着きましたが、構内が半端なく広い上、人でごった返していて、中央口にたどり着くだけで15分くらいかかってしまいました。

その後、レンタサイクル「京都みやび屋」さんに向かい、電動自転車を1日2,000円でレンタル。

どれくらい走るのか分からなかったので、とりあえず、バッテリー12Ahの電動アシストスポーツBというのを借りてみましたが、1日走って70%くらいバッテリーが残っていたので、もっと少ないAhでよかったかも。

まずは、主目的である、長距離30連アートミッション「Welcome to kyotoⅡ おこしやす京都天龍寺へ♪ 」を終わらせることに。

途中、堀川通が結構幅広で、何回も横断歩道を渡るはめになりましたが、それ以外は順調。

歩行者や自転車が多かったり、車の運転が結構荒かったりするので、交通安全第一で。

渡月橋周辺は、人が多すぎて、とても自転車を漕いでいられる状況ではありません。

自転車は、天龍寺の駐車場に停めさせてもらい、ミッション続行。

天井画の公開はしていなかったので、庭園拝観料500円だけ払って入場しました。

24からは、ポータル間の距離がかなり開くので、徒歩だと気持ち的にきついように思います。

ただ、サイクリングには最適のルートでした。

 

二条城に到着、無事に龍図が完成しましたが、二条城は年末休館日でした……残念。

気を取り直し、北野天満宮に向けて再出発。

思ったより遠かったですが、20分ほどで到着しました。

(自転車置き場などはないようだったので、大鳥居の左端に停めさせてもらいました。)

北野天満宮と上七軒めぐり」ミッションは、オール徒歩で。

一度敷地内に入って裏口から抜けて、もう一度戻ってくるというルートでしたが、2の途中あたりでGPSが言うことを聞かなくなりました。

それ以外は順調、1時間ほどのミッションでした。

とにかくメダルが素敵すぎるミッションです。

北野天満宮写真

 

最後に、烏丸駅まで戻り、「Welcome to Kyoto★」ミッションを開始。
年末の買い出しに来ていると思われる人たちで激混み状態だったので、自転車は大丸の地下駐車場(3時間まで無料)に預けさせてもらうことにしました。

人が多すぎて、ゆっくりしか進めない上、何度も大通りを横断する必要があるので、思った以上に時間がかかってしまいました(2時間強)。

あと、何気に本能寺が時限ポータルだったような……最終的に、ホテルの通用門から入れましたが。

平日昼間などにプレイできたらよかったと思います。

何はともあれ、無事に午後7時01分発の米原行き新快速に乗り込むことができました。

約9時間の滞在で、ミッションクリア数60、稼いだAP17万、exploler402、pioneer65、trekker14km……お疲れ様でした。

ミッションメダル画像

「龍潭寺・井伊谷宮参詣」ミッションを作成しました

2017年の大河ドラマゆかりの地、静岡県浜松市は井伊谷。

個人的に、観光地などに行ったついでに、単発ミッションを片手間にやるのが好きなので、「できるだけお手軽なもの」というコンセプトで1つ作ってみました。

龍潭寺・井伊谷宮参詣ミッション

龍潭寺と井伊谷宮は、裏側でつながっているので、歩いているうちにいつの間にか移動できているような気がします。。

龍潭寺写真

さて、大河ドラマ関連で続々とお土産品が作られていますが、井伊谷といえば味噌まんじゅうです。

昔から紅谷製菓の味噌まんが有名ですが、同じメインストリートにあるすぎや製菓さんもおすすめです。

すぎやさんは、洋菓子も美味しくて、「あんクリーム大福」は、全国展開してもらいたいくらいのお味です。

美味しいお店なのに、あまりネット上に情報が出回っていないので、ちょっと書いてみました;

というか、井伊谷まで「あんクリーム大福」だけを買いに行くのは大変なので、もっと広まってほしい……。